民主党支持母体の指定暴力団「山口組」・日教組・統一教会・朝鮮総連・韓国民潭・部落開放同盟・連合と共に応援します!日本は日本人だけのものではない!!

2009年09月08日

社民党も自衛隊を憲法違反だとしており、中国・韓国のためにも自衛隊は廃止すべき


社民党は自衛隊への対応が一貫していて尊敬できると思います。

民主党政権の一端を社民党が担うことは分かっていたので、これも民主党に投票した良識ある日本人の賢い選択です。


中国・韓国・北朝鮮も自衛隊の軍力に不安を覚えていることは周知の事実であり、日本は自衛隊を廃止すべきであると考えます。


軍備は全て中国にでも渡す流れが日本にとっていいのではないでしょうか。アジアとの友愛に一歩近づけるはずです。


陸自相浦 12日、銃携帯し佐世保市行進 労働団体など中止申し入れ

陸上自衛隊相浦駐屯地(佐世保市)は創立記念行事の一環で、12日に同市中心部の商店街アーケードを迷彩服姿で小銃を携行した隊員約220人のパレードを実施するが、社民党佐世保総支部と佐世保地区労は7日、同駐屯地に対してパレードを中止するよう申し入れた。

 パレードは離島防衛を担う陸自西部方面普通科連隊の発足に伴い、2002年から実施し今回で7回目。12日にアーケード約1キロを同隊隊員が実弾を装てんしていない小銃と機関銃を携帯して行進する。1回目は銃を携帯しなかったが、03年以降は銃を携帯して商店街や国道で行進している。

 7日に同駐屯地を訪れた社民党などの代表者は「実弾が入っていなくても事故が起きないとは限らない。わざわざ市中で銃を持って威嚇的なパレードをする必要があるのか」と問いただした。同駐屯地幹部は「市民に自衛隊の真の姿を見てもらうために実施している。申し入れは司令に報告する」と答えた。

 社民党などの代表者は同日、市に対してもパレード中止を要請するよう申し入れたが、末竹健志副市長は「安全に配慮され、商店街も協力的であることから、市としては中止を要請する考えはない」と応じた。

=2009/09/08付 西日本新聞朝刊=


▼中韓も嫌がると思うで全て中止すべきです
社民党「実弾が入っていなくても事故が起きないとは限らない」 陸自のパレードに中止要請…佐世保
社民党「実弾が入っていなくても事故が起きないとは限らない。」 → 佐世保市の陸自パレード中止を要請

社民党_自衛隊.jpg

▼社民党も与党のため、国民の選択であることは明白です
社民党が連立の条件として憲法審査会の凍結を提示 〜政権交代は法律違反の免罪符ではない〜

▼こういうユーモアがあるところも素敵です
社民党阿部知子議員曰く「阪神大震災で自衛隊の出動が遅すぎ」

韓国_反日.jpg


posted by 民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。